ソープでの体の洗い方 | 大衆ソープと高級ソープは料金以外にも違いがある

ソープでの体の洗い方

ピンクのドレス

ソープの魅力的なサービスといえば洗体サービスやマットプレイだと思います。
恋人がいる男性はお風呂に一緒に入ったこともあると思いますが、体を洗ってもらったことがあってもスポンジで洗ってもらうのがほとんどでしょう。しかし、ソープの洗体サービスはそんなスポンジを使って洗いません。
ソープの洗体サービスではソープ嬢が全身を使って体の隅々まで洗ってくれます。

ソープの洗体サービスでは、ソープ嬢が自分の体にボディーソープを付けてスポンジのように体を使って洗ってくれます。
おっぱいを男性の胸や背中に擦りつけて洗ってくれます。ここまでは利用したことがないという人でも知っていることだと思います。しかし、テクニックが必要になり、中級ソープ以上のお店じゃないと受けることができないサービスもあります。
おっぱいなど全身を使って洗う洗い方はボディ洗いや泡踊りといわれ、ソープであればどこでも受けることができる洗い方です。
しかし、テクニックが必要なくぐり洗いや壺洗いは中級以上のお店でないと基本的に受けることができないので、埼玉のように高級ソープがないと受けられないかも知れません。
くぐり洗いというのは、スケベイスと呼ばれる特殊な形をした椅子の空洞部分をくぐり男性のアナルや玉を舐めて、空いている手でペニスを手コキします。
また、壺洗いというのは女性器の中に男性の指を一本一本洗っていくという洗い方です。この時爪が長いとソープ嬢の膣を傷付けてしまうのでソープを利用する時は爪をしっかり切ってきましょう。

このようにソープで受けることができる洗体サービスはただ体を洗うのではなく性的サービスを含んでいてソープ嬢のテクニックが必要なサービスです。